松本俊夫さんが亡くなった理由は?

映画監督、映像作家の松本俊夫さんが死去されました。

その理由とは?

スポンサーリンク

松本俊夫さんが亡くなった理由は?

映画監督の松本俊夫さんが、腸閉塞のため亡くなりました。

年齢は85歳。

東大文学部を卒業後、前衛映画とドキュメンタリーを巡って多彩な評論活動を展開し、松竹ヌーベルバーグなどに影響を与えた映画監督さんです。

ご冥福をお祈りします。

松本俊夫さんの死因、腸閉塞とは?

腸閉塞とは、膨満感があり、強い痛みや吐き気、嘔吐などの症状が伴う病気のこと。

この腸閉塞は死に至るような病気なのでしょうか。

腸閉塞の症状は?

症状としては、食べた物が腸につまり、突然、腹部が膨満し、強い痛みと吐き気や嘔吐が起こります。

痛みは、激痛が続く場合と、強い痛みの後でやや症状が治まるといった強弱がくりかえされる場合とがあります。

ひどくなると便のにおいがする汚物を吐くこともあるといいます。

腸閉塞の原因は?

腸が外側から圧迫されたり、ねじれたりする場合や、腸に酸素や栄養分を送る血管が入った膜(腸間膜(ちょうかんまく))も圧迫され、ねじれたりして血流障害を起こした状態「絞扼性(こうやくせい)腸閉塞」というものがあります。これは早期に手術を行わないと死に至ります。

はっきりとは分かりませんが、松本俊夫さんは絞扼性腸閉塞だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク